(福祉)愛EYEプロジェクト


Skype (1)

Skypeについて

Skypeは一般に言われるボイスチャットプログラムですが、音質がよくタイムラグもきわめて少なく設定や操作が簡単なのが特徴です。インターネットに常時接続しているパソコンがあれば、あとはマイクロホンとヘッドホンをセットするだけで視覚障害者でも簡単に世界中のSkypeユーザーと通話ができます。

ただしこのプログラムは、インストールや一部の設定画面で音声が出ません。設定項目はそう多くないので、説明のとおりにやれば視覚障害者単独でも初心者でも大丈夫です。このページでは、PC-TalkerでSkypeを使用する方法を紹介します。

使用するパソコンのOSは、できるだけWindowsXPでどうぞ。
通話のためには マイクロホンとヘッドホンが必要です。パソコンに付属のものや一般的なもので大丈夫です。また、ヘッドホンとマイクロホンが一体になったもの(ヘッドセット)を使うと便利です。

まずは下記のサイトからSkype本体をダウンロードしてください。
Skypeのダウンロードサイト

次へ

2002/12/28 掲載


このページのトップヘ戻る / 目次へ福祉のトップへ


NATロゴ クリックするとデザイン意図へ飛びます

HOME


プロジェクト


教育


福祉


技術


地域


事務局


戻る

このページのトップヘ戻る