(福祉)愛EYEプロジェクト


MS-IMEについて

MS-IMEについて教えていただけないでしょうか、という質問をいただきました。

MS-IMEは、エムエス アイエムイーと読みます。そして、正式製品名は、Microsoft® IME です。なお、IMEとは、Input Method Editorの略で、日本語入力のためのソフトの総称です。

さて、MS-IMEとは、マイクロソフト社の日本語入力システムのことです。日本語入力システムとは、キーボードなどから入力した文字を日本語で表示するソフトウェアのことです。

通常MS-IMEは、後にバージョンを現す数字が付随します。愛EYEプロジェクトでは、MS-IME2000から、MS-IME2002、MS-IME2003をお使いの方がいらっしゃいます。

また、MS-IMEの日本語入力システムは、キーボードから入力した文字を日本語に変換するだけでなく、わからない漢字を検索したり、マウスを使って文字を手書き入力したり、よく使う単語を登録して簡単に入力することなどもできます。

日本語入力システムとしては、MS-IMEの他に、株式会社ジャスト システムのATOK(エイトック)、株式会社バックスのVJE-Delta(ブイジェイイー デルタ)、エー・アイ・ソフト株式会社のWX(ダブルエックス)などがあります。

愛EYEプロジェクトでは、ほとんどの人がMS-IMEですが、ATOKをお使いの人も数名いらっしゃいます。

注意:
MS-IME は
、Microsoft社の登録商標です。
ATOK は、株式会社ジャスト システムの登録商標です。
VJE-Delta は、株式会社バックスが開発した日本語入力システムです。
WX は、エー・アイ・ソフト株式会社の製品名です。
その他、記載されている会社名、製品名は、各社の商標および登録商標です。

2004年5月16日 掲載


このページのトップに戻る / 支援に役立つ技集目次へ福祉のトップへ



NATロゴ クリックするとデザイン意図へ飛びます

HOME


プロジェクト


教育


福祉


技術


地域


事務局


戻る

このページのトップヘ戻る