(福祉)愛EYEプロジェクト


PC-TalkerでのMS-IME単語登録の仕方

文字入力中に何度変換しても目的の漢字がなかなか表示されない、ということがよくあります。人の名前や土地の名前は、特にそうでしょう。そう言った場合は、日本語変換ソフトであるMS-IME自体に単語を登録してしまいましょう。

しかし、実は、このMS-IMEソフトには、PC-Talkerにおいて重大な欠点があります。音声ガイドしてくれないという問題があるのです。ただ、充分練習すれば、可能だと思います。

やり方

  1. まず、日本語入力できるソフトを何か立ち上げます。
    PC-Talkerを持っている方は、マイエディットが良いでしょう。
  2. MS-IMEに単語登録したい言葉をマイエディットで打ち込んで、 文字列をコピーします。
  3. 日本語入力が入っている状態で、Ctrl+F10をします。
    ここで、MS-IMEのメニューが開くのですが、PC-Talkerは、MS-IMEのメニューが開いたことを音声ガイドしてくれません。
    (これが問題なのです)
        
  4. MS-IMEのメニューが開いたら、下矢印キーで「単語/用例登録」まで移動しエンターすれば、「単語/用例の登録」ウインドウが開きます。
  5. 「読みのリッチエディット 文字入力」と音声ガイドされますので、登録したい言葉の読みをひらがなで入力します。
  6. Tabキーで移動しながら確認をします。語句欄には、既に単語登録したい文字が入力済みになっています。品詞のコンボボックスは、初期は、名詞になっています。品詞を変更したい場合は、下矢印キーで変更するのですが、ここも音声ガイドしてくれません。よって、変更しない方が無難でしょう。ユーザーコメントは、入力してもしなくても構いません。「登録」まで、Tabキーで移動したら、エンターすれば登録完了です。
  7. 「単語/用例の登録」ウインドウをエスケープキーで閉じれば、終了です。

問題は、Ctrl+F10をした後に、MS-IMEのメニューが開いたことがわかるかどうかです。日本語変換が入っている状態で、Ctrl+F10し、ちょっと待っていれば、音声ガイドされなくても、MS-IMEのメニューが開くはずなのです。よくハードディスクの音を聞いて挑戦してみてください。

2004年4月1日 掲載


このページのトップに戻る / 支援に役立つ技集目次へ福祉のトップへ



NATロゴ クリックするとデザイン意図へ飛びます

HOME


プロジェクト


教育


福祉


技術


地域


事務局


戻る

このページのトップヘ戻る