(福祉)愛EYEプロジェクト


スクリーンリーダーって何ですか?

「スクリーンリーダー」は、英語で書くと Screen Reader でしょう。
Screen は、パソコンの場合、画面を指します。Reader は、読み手でしょうね。直訳すると、「画面を読んでくれるもの」となるでしょう。

つまり、スクリーンリーダーとは、パソコンの画面に書いてあることを
読んでくれるソフトの総称のことです。

スクリーンリーダーには、ここ愛EYEプロジェクトでよく使う PC-Talkerの他にも、95Reader(98Reader・2000Reader・XP Reader)WinVoiceJAWS for Windows(IBM) などがあります。

スクリーンリーダーのバージョンは、使っているOSによって、適切なものを選ばないとなりません。例えば、PC-Talkerでは、Windows98やWindowsMEの場合は、PC-Talker5を使い、Windows2000の場合は、PC-Talker2000を使います。また、WindowsXPの場合は、PC-TalkerXPを使います。

「注意」:PC-Talker2000はビジネスユーザ向けのスクリーンリーダーです。点字入力機能は装備されていません。その他、PC-Talker2000に関する詳細は、こちらのサイトをご覧ください。

 2004年1月22日 掲載
2004年1月29日 改訂


このページのトップに戻る / 支援に役立つ技集目次へ福祉のトップへ



NATロゴ クリックするとデザイン意図へ飛びます

HOME


プロジェクト


教育


福祉


技術


地域


事務局


戻る

このページのトップヘ戻る