(福祉)愛EYEプロジェクト


PC-Talkerの辞書登録の仕方 (PC-Talker用)

PC-Talkerは、思いの他、漢字を読むのが下手です。特に固有名詞を読ませるとトンでもない読み方をします。どうしても、聞いていて気になる場合は、PC-Talkerの辞書登録をしましょう。

PC-Talkerの辞書ファイルは、Windows98/MEの場合 Cドライブの「KSD」‐「pctalker」というフォルダ内にあります。
さて、愛EYEプロジェクトでは、視覚障害者の方に1人でも簡単にPC-Talkerの辞書登録ができるよう、考えてみました。
視覚障害者用パソコンの初期設定の仕方」を参照し、初期設定をした後におこなってください。

なお、WindowsXPで、PC-TalkerXPをお使いの場合は、こちらのページをご覧ください。

準備(晴眼者サポータに手伝ってもらってください)

  1. マイエディットの「環境」-「関連付け設定」で新しく関連付ける拡張子に usr と記入し、説明に「ユーザー辞書」として設定する
  2. マイコンピュータを起動し、Cドライブ - KSD - PCTalker の中の、[jukugo.txt][jukugo.usr] [mjukugo.exe]の3つのショートカットを作る
  3. 「熟語辞書」というフォルダを作る
  4. (2)で作ったショートカットを、熟語辞書フォルダに移動する
  5. Cドライブ - Windows - スタートメニュー に(4)の熟語辞書フォルダを移動する

やり方1

  1. 「スタート」から「熟語辞書」へ進み、右向きカーソルすると、「jukugo.txt」「jukugo.usr」「Mjukugo.exe」の3つのショートカットキーがあります。
    「jukugo.txt」には、辞書登録のやり方が記載されています。また、参考になさってください。
  2. 「jukugo.usr」が辞書ファイル本体です。選択し、Enterして開きます。「jukugo.usr」がMYEDITで開きます。
    この「jukugo.usr」に正しく読んで欲しい文字の読みを登録します。
    このファイルは 文字,読み という行を並べたファイルです。最初の文字の部分に 読ませたい文字を入力し、半角の「,」を入力した後にその文字の読みを入力し改行します。読ませたい文字は、できれば「コピー&貼り付け」で入力すると間違いないでしょう。
    例: 勝木原,のでわら
    五十里,いかり
    PIT-ONE,ぴっとわん
    me-ru,めーる

    註釈:例のPIT-ONE(ぴっとわん)は、固有名詞です。me-ru(めーる)は、ひらがなのローマ字入力を直接入力した場合の表記です。

  3. 既に入力されている辞書データが入っていますので、消してしまわないように入力します。
  4. 入力が終わったら上書き保存し、MYEDITを終了します。
  5. 「スタート」‐「熟語辞書」から右向きカーソルで「Mjukugo.exe」を選択し、Enterします。「PC-Talker/vbm100w熟語ファイル マスターファイルとユーザーファイルの合併を開始します。よろしいですか?」と聞かれますので、「はい」でEnterします。「Mjukugo.exe」を実行することによって、編集した「jukugo.usr」ファイルが辞書マスターとして認識されます。
  6. PC-Talkerを一度終了して再起動すると、登録した読みが有効になります。
    PC-Talkerの終了は CTRL+ALT+F3
    もしくは、AOKメニューを開き「PC-Talkerの設定内」の「PC-Talkerの終了」でエンターしてください。

    PC-Talkerの起動は CTRL+SHIFT+F3
    もしくは、スタートメニュー内にPC-Talkerの起動アイコンを入れてあれば、Pキーを押し、エンターすると起動します。
    ただし、PC-Talkerの終了、起動が上手く行かない、登録した読みが有効にならない場合があります。その時は、パソコンの再起動をしてください。

やり方2

愛EYEプロジェクトでは、テキストファイルで書き出したPC-Talker用の辞書ファイルを配布する場合があります。その際の追加登録のやり方です。ただし、過去にMYEDITで「jukugo.usr」ファイルを開いたことがないと上手くできません。

  1. 配布されたファイルは、テキスト形式になっています。このテキストファイルを「ファイル」-「送る」の中にあるMYEDITでEnterします。新規追加するPC-Talker用のナメラカヨミ辞書がMYEDITで開きます。
  2. この新規の辞書データを全て選択し、コピーします。
  3. MYEDITの「ファイル」-「履歴の読み込み」でEnterします。
    過去にMYEDITで開いたファイルが表示されているはずですので、「jukugo.usr」を選択しEnter。開始の確認を求められますので、再度Enterします。
  4. 「jukugo.usr」がMYEDITで開きます。
  5. 「jukugo.usr」にCtrl+V で先ほどコピーした新規辞書データを貼り付けます。
  6. 「jukugo.usr」を上書き保存し、MYEDITを終了します。
  7. 「スタート」‐「熟語辞書」から右向きカーソルで「Mjukugo.exe」を選択し、Enterします。「PC-Talker/vbm100w熟語ファイル マスターファイルとユーザーファイルの合併を開始します。よろしいですか?」と聞かれますので、「はい」でEnterします。
  8. PC-Talkerを一度終了して再起動するか、パソコンを再起動すると、新しく登録した読みが有効になります。
もっと簡単に登録したい場合は、江連はり治療室の熟語辞書登録ツールをご利用ください。PC-Talker用、PC-TalkerXP用と両方ございます。

2002年10月23日 発案
 2004年2月25日 改訂


このページのトップに戻る / 支援に役立つ技集目次へ福祉のトップへ



NATロゴ クリックするとデザイン意図へ飛びます

HOME


プロジェクト


教育


福祉


技術


地域


事務局


戻る

このページのトップヘ戻る