(福祉)愛EYEプロジェクト


MSN Messenger(6)

音声チャットへの誘導方法

さて、MSN Messengerを立ち上げて、チャット等に誘うのは、全て視覚障害者さんから行わなければなりません。サポータ側から誘っても、メッセージを音声ソフト(PC-Talker)は、読み上げてくれないのです。

また、視覚障害者よりも先にサポータがオンライン上にいても、視覚障害者には見えないのでわかりません。サポータが先にオンラインにいた場合は、いったんサインアウトして、再度サインインしてください。

MSN Messengerで音声チャットに誘う方法について説明いたします。

  1. メンバーがオンラインになったメッセージを聞いたら、MSN Messenger を立ち上げます。
  2. Alt+Aで、メニューバー 操作 を開きます。
    (もしくは、Alt+Fでファイルに行ってから右向きカーソルで 操作 まで移動します)
  3. 操作を開いたら、下向きカーソルキーで「音声チャットの開始」まで移動し、Enterキーを押すと、「音声チャットの開始」ウインドウが開きます。
  4. 「音声チャットの開始」ウインドウには、オンライン上にいるメンバー名が記載されています。
    複数オンライン上にいた場合、誰を招待するのか選択しないといけないのですが、メンバー名下向きカーソルキーで探してみましょう。もし、何も読み上げない場合は、お一人しかいないのだと思います。
    しかたありません。そのままEnterキーを押してください。
    (複数メンバー登録してある方は、どなたが出ていらっしゃるか、お楽しみ!)
  5. MSN Messengerの会話ウインドウが立ち上がります。このまま、相手が承諾するのを待ちます。
    相手が音声チャットへの招待を承諾すると、程なくして回線がつながりお互いの声が聞こえるようになるはずです。それまで、何かしゃべり続けていてください。

MSN Messengerで音声チャットに誘うのは、全て視覚障害者側から行ってください。PC-Talkerでは、MSN Messengerからのメッセージを読み上げてくれませんでした。
サポータから誘ってもどんな操作をしたらいいのか、読み上げてくれないので視覚障害者からは、全くわかりません。
また、キーボード操作をするタイミングもあるようです。
何度か練習してみてください。

02/08/29 掲載

戻る MSN Messenger についての目次へ  


このページのトップヘ戻る福祉のトップへ


NATロゴ クリックするとデザイン意図へ飛びます

HOME


プロジェクト


教育


福祉


技術


地域


事務局


戻る

このページのトップヘ戻る