(福祉)愛EYEプロジェクト


MMメール (6)

メールでいただいた添付ファイルを保存する

MMメールでは、メールと一緒に届いたファイル(添付ファイル)をそのまますぐに開くことはできません。いったん、ハードディスク内に保存してから開くことになります。

ちなみに、MMメール以外のメールソフト(Outlook Express や Outlook )は、場合によってすぐに開くことができます。おかげで、ウイルスに感染すると言うこともあるのです。

添付ファイルの保存の仕方

  1. MMメールを起動します。
  2. Tabキーでメールリストビューに入り、目的のメールを探します。PC-Talkerが「添付ファイルがあります」と言ってくれるはずです。
  3. 添付ファイル付きのメールが見つかりましたら、Altキーでファイルへ行って右向き矢印でウインドウまで移動し「添付ファイルのリストビューへ」でEnterします。
  4. 添付ファイルが選択されますので、Enterします。
    ここで、添付ファイルが選択できていない場合は、上下の矢印キーを押してみてください。添付ファイル名を言ったら選択したことになります。
  5. 目的の添付ファイルでEnterすると、「名前を付けて保存」ウインドウが開くのですが、PC-Talkerは、「ファイル名の文字入力」としか言ってくれません。
  6. Tabキーで「保存する場所の選択」まで移動し、「マイドキュメント」であるかどうか確認してください。
    「マイドキュメント」であれば良いのですが、違う場合は、2回Tabキーを押してから下矢印キーで「マイドキュメント」まで移動しEnterしてください。
  7. 「名前を付けて保存の選択」というまでTabキーで移動し、下矢印キーで保存したいフォルダを探します。できれば、専用のフォルダを作って保存してください。
  8. 目的のフォルダでEnterするとフォルダが開きます。
  9. Tabキーで「保存の確認」まで移動して、Enterすれば保存され「名前を付けて保存」ウインドウは、閉じ、MMメールに戻ります。

03/06/03 掲載


このページのトップヘ戻る / 目次へ福祉のトップへ


NATロゴ クリックするとデザイン意図へ飛びます

HOME


プロジェクト


教育


福祉


技術


地域


事務局


戻る

このページのトップヘ戻る