(福祉)愛EYEプロジェクト


第33回視覚障害者パソコン相談会

               

日時   3月13日 金曜日 10時から11時半

場所  高岡市ふれあい福祉センター(パソコン室)

時間  午前10時~11時30分

相談者  視覚障害者4名(同伴者2名) 

見学者   1名 

スタッフ  6名(麻野井 池田 田口 恒川 廣田 大城 (敬称略)



内容

* Aさんのメールアドレス・・・プロバイダーの書類を確認する

  必要があるようです。

  西日本NTTの職員が設定したそうですが、不具合を申し入れるように

  伝えました。(池田)

* はじめは、誰のPCもインターネットに繋がらず調べると

  ケーブルモデムのランプがひとつも点いていない。

  又、ふれセンのほうで違うACアダプターを貸し出したようだ。

  3.3VACアダプターではダメ!(恒川)

* SKさん (担当 恒川)

  インターネットに接続出来ないので調べる。

  この前、京田事務所でAさん(家では光接続)のPCが繋がらない

  とき、ワイヤレスネットワーク接続のプロパティのTCP/IPのプロパティ

  で、IP自動取得とDNSサーバーのアドレス自動取得にチェックを入れたら

  繋がったので、SKさんも家では光なので同じかと思ったが、すでにチェックは

  入っていた。

  結局インターネットエクスプローラーのツール、インターネットオプション

  接続で、「通常の接続でダイヤルする」にチェックが入っていたのを

  「ダイヤルしない」にチェックをすると繋がった。

* SSさん (担当 恒川)

  PCにインターネットエクスプローラーをインストールしました。

* NさんとSNさん (担当 麻野井)

  新しいソフトを2つ入れたとのことで、使い勝手と操作の説明。

  とりあえず使っていただき、

  不具合があったら、報告してくださいとお伝え。


1.インターネットエクスプローラー7

  利点1

  複数のページを見たいとき、

  いくつもインターネットエクスプローラーを立ち上げなくてよい。

  バインダーの中に紙が何枚もはさめるイメージ。

  利点2

  コントロールキーとプラスキーを押して、

  フォントを大きくすることができる。

  利点3

  ハイコントラスト設定にしても、

  youtubeやスカイプのレイアウトが乱れない。

  慣れが必要 1

  終了するとき、タブを全て閉じますか?

  と聞いてくる。そのままエンターを押す。

  慣れが必要 2

  いくつもたちあげたホームページを行き来するときは、

  コントロールとタブを押す。

  オルトとタブではないので、注意。

  新しいページを出すときは、コントロールとT、

  ページをひとつ閉じるときは、コントロールとW です。


2.MMメール

  マイメール使用時に拡大鏡の文字追従がいまいちなので、

  知人のアドバイスで、MMメール体験版をインストールした

  とのこと。文字追従は非常に良いが、

  マイメールと使い勝手が違う、とのことで、わかる範囲で説明。

  マイメールは、初心者向け。

  メニューバーの操作をなるべく避け、

  上下矢印とエンターキー、エスケープ

  でボックスを選んだり、ある程度の操作がまかなえる。

  ただし、エスケープでいちいちボックス選択画面まで戻らないと

  終了できないので、慣れてくるとじれったいと感じるかもしれない。

  MMメールは、何か操作したいときは、

  オルトでメニューバーに行き、左右矢印で、おおまかな操作を選ぶ。

  下矢印で、さらに細かい操作を選ぶ、という手順が必要。

  一般的なソフトは、だいたいメニューバーを使って操作するので、

  これまでパソコンを使ってひとには、馴染み深いし、

  今後いろんなソフトを使う予定ならば、覚えておいて損はない。

  ただし、初心者には少々分かりにくいかもしれない。

  試しに、メニューバーのファイルから新規作してみる。

  あとは、MMメールのメーリングリストやMMメールの作者や

  お友達に聞きながら、使い方を探索してください、とお伝え。

  体験版のせいか、ソフトの再起動するには、

  ウィンドウズを再起動しないといけないのが難点か。

  メールソフトもインターネット閲覧ソフトも

  様々なものがあり、ユーザーが自分にあったものを選ぶことは大切で、

  慣れてきたユーザーが、自ら使いたいソフトを使う流れは止められない。

  なるべく希望に添いたいが、そのためには、スタッフも相応の技量が要求される。

  慣れてきたユーザーは、自らパイオニアとなる気概で、

  専用のメーリングリストを活用するなどして、

  独自の使い方を開拓してください。

  そして、開拓した暁には、ぜひ他のユーザーに

  広めていただきたいです。

* Iさん (担当 廣田)

  今日は、A 写真の名前の変更

    B 写真の縮小の仕方

    C 写真をメールに添付

   

Aの説明

  ・マイピクチャから写真を選択

  ・アプリケーションキーを押し、メニューの中から名前の変更 エンター

  (井上さんの 拡張子(.JPG)は、あとで追加される設定になっていますから

  日本語入力にして名前を書きます)

Bの説明

  ・アプリケーションキーを押し、メニューの中から、Resize Pictures エンター

   サイズ変更・・・smallにすでにチェック入ってますから OK-でエンター

   (1800KBから60KBに縮小されているから、携帯にも送れます)

   どの写真も、・・・MBばかり。

Cの説明

  ・F12を立ち上げ、MY MAILⅡ エンター

  ・新規メール作成 エンター Alt - 操作 - 添付ファイル - 挿入 - マイピ

   クチャーから smallの付いた写真選択 エンター

   これで添付されます。

  今回は、フォルダの名前を覚えてなかったので、探し回り苦労しました。

  フォルダの名前・写真を覚えやすいように変えておいたら、苦労する事なかっ

  たのです。

  最初に開いた時、数字ばかりのフォルダあり・・・

  2009,1,30のフォルダ名・・・・

  3月の勉強会には、写真をCDに保存、CDから写真を見る方法をしたいと思います。

* SKさん (担当 田口)

  インターネットで何か検索しても、見たいものになかなか辿り付けないという

  ことでした。そこで今日は取り合えず「ホームページを見る練習」と言うペー

  ジがあったので、それを見る練習をしました。

  最初にホームページを見る手順

  「http://www7b.biglobe.ne.jp/~citron/my_upload/practice/index.html」を

  見てみました。ここでは実に分かりやすく手順を説明していて、SKさんも私

  も楽しみながら勉強しました。

  SKさんが他のページも見たいとおっしゃったので今度は音楽が聞けるページ

  「http://www.hmix.net/music_gallery/image/world.htm」を開いて民俗音楽

  などを聞いて見ました。

  どちらも比較的視覚障害者には優しいページでした。

  SKさんは本当はご自分の好きな歌手の新譜が知りたいようでしたが、ホーム

  ページによっては視覚障害者に優しくないものも沢山あり、そんな場合は時に

  は晴眼者の眼を借りることが必要なことをお伝えしました。



以上です。


平成20年度視覚障害者パソコン相談会へ福祉・愛EYEプロジェクト トップへ