(福祉)愛EYEプロジェクト


平成20年度 第9回定例勉強会

2008年12月25日 木曜日  19時から21時
  

場所 ふれあい福祉センター  パソコン室


参加者 相談者3名  同伴者1名   

スタッフ  (敬称略)

      松本、田口親子、川口、安田庄、安田豊、坂田

      紺井、恒川、池田、廣田、新井、麻野井(敬称略)

内容

1.SKさん(担当 田口 恒川)

  メールに書かれているURLから、F5を圧してブラウザーを起動する方法で

  安田さんのホームページを見てもらう。

  ホームページのあらましをシフトを圧して全文読み。

  タブキーでリンクの移動。自分が見たい所に来たらそこでエンター。

  前に戻るときはオルトと左矢印キーで戻る。

  リンク先を戻りたいときは、シフトとタブキーを圧して戻れることをお伝え。

  次回からインターネットを立ち上げてすぐに安田さんのホームページを

  見られるよう「お気に入り」に追加する方法をお伝え。(田口)

  パソコンのタスクトレイに無線LANのアイコンが有ったので

  家では、無線を使ってますか?と聞いたら、使ってないと

  言うので問題無いだろうと判断、接続をクリック。

  あとの操作を田口さんにバトンタッチ。(恒川)


2.NEさん (担当 安田 池田 恒川)

  a.エクセルファイルで、ハイコントラスト(黒)に、

   ズームを200%に設定。(池田)

  b. フォルダの整理

   マイドキュメントに作成したフォルダーやファイルの整理をしたいが、

   場所が分かりにくいとのこと。次の操作を試していただく。

   方法

   1.マイファイルを立ち上げ、バックスペースをトントンと数回押して、

   2.「ウィンドーズXp C:」の音声で、Cドライブにカーソルがある事を

     確認しエンター。

   3.Cドライブに入り、下カーソルを押し、「Documents and Settings

     フォルダーでエンター、その中へ入る。

   4.下カーソルを押し(たぶん)下端の「使用者名」フォルダーでエンターし、

     中に入る。

   5.下カーソルを押して行くと、目的の「My Documents」フォルダーがありま

     すので、エンターして中に入る。

   6.中には、NEさんがマイエディットで書いた文章ファイルや、作成した

     フォルダーがあった。NEさん自身、確認、納得しておられた様子。

    ※ドライブ、フォルダー、サブフォルダー、ファイルの関係を理解できれば、

     整理がしやすくなると思います。

  c.ホームページの開き方

   メール本文のURLにカーソルを合わせて開く方法を試していただく。

   HTTP://・・・・・・.htm のどこかにカーソルをおき、

   マイメールの場合は F5 を押せば

   インターネットエクスプローラーが起動してホームページが開く。

   あめふらしのページを開き、

   シフトで全文読み、タブでリンク先へ順に移動する事の確認、

   シフト+タブで逆回り。エンターでそのページに入る。

   上下カーソルで段落読み。

   ホームページからSLや、ししおどしの音を聞いていただく。

   音を止める時、今まではシフトメニューから上カーソル2回、

   「閉じる」でエンターして停止したが、

   NEさんのウィンドウズメディアプレイヤー(以下WMP

   が最新版にアップされているため、この方法が使えない。

   オルトメニューから、右カーソル1回、上カーソル1回で「閉じる」が

   ある事がわかり、音を止める事ができた。


  d. 補足

    ウインドウズメディアプレーヤー11(以下WMP11

    では、立ち上がった時点では普通のメニューはなく、

    プレイビュー、ライブラリ、取り込み、同期などの文字が並んでいて、

    Altキーを押すと普通ファイルと表示される位置に

    ファイル、表示、再生、ツール、ヘルプ(それぞれサブメ

    ニュー付き)、クラシックメニューの表示、と縦に出てくる。

    WMP11の終了は、ファイルのサブメニューから選びます。

    クラシックメニューの表示選んでおくと次回立ち上げの時から

    普通のメニューが表示されます。

    Ctrl+Mでクラシックメニューのオン、オフが出来ます。(恒川)

    ※ インターネットエクスプローラーを立ち上げ、オルトメニューの「開く」で

       エンターし、URLを直接書き込んだり、他でコピーしたURLを貼り付け

      たりして開く方法は時間がなく、説明のみ行う。


3.FCさん(担当 廣田)

  「コブクロが好き」という事を聞いていたので、

  電話で、動画(You Tube)までの行程・名前を入力して

  検索・Tab移動で歌を選択する説明。

  「インターネットが使えない」ということだったが

  知り合いに見て下さる人がいて、無事解決。

  インターネットが通じた時、親子で挑戦!!

  お母さんは成功したのですがFCさん、

  途中 歌の名前の所で Enter

  目的の所まで行かない状態・・・で来られたのです。

  復習からするので簡単に出来るように。

  2~3回位名前を変えて復習、

  今まで見た事の無い笑顔が印象的でした。

  そこから新しいことが発見されれば最高ですね。



4.生協のインターネット注文のページについてです。

  川口さん、紺井さん、麻野井で

  紺井さんの県生協のインターネット注文サイトを閲覧しました。

  https://store.co-op.ne.jp/efriends/hokuriku/market

  a.ページの構造

   上記のページを開き、IDとパスワードを入力すると、

   商品の注文のページが開く。

   商品注文にたどり着くには、

   3種類のナビゲーションメニューを通過しないといけない。

   ページを開くと、最初に、

   ホームページ メニュー 会員登録  かんたん注文

   などのナビゲーションメニュー8項目が出てくる。

   タブで読み進めていくと、次に、

   デジタルカタログで注文、一覧で注文 など、

   9項目の買物ナビゲーションメニューが出てくる。

   「一覧で注文」を選択すると、新しいページになり、

   最初のナビゲーションメニュー、買い物ナビゲーションメニューに続き、

   コープファミリー 、特別企画 、その他(定期配達含む)

   といった、カタログのメニュー5項目が出てくる。

   カタログメニューの中から、「その他定期配達を含む」を選択。

   すると、新しい画面になり、

   最初のナビゲーションメニュー8項目、

   買い物ナビゲーションメニュー9項目、

   カタログメニュー5項目、カテゴリメニュー14項目

   の下に、商品番号や商品名、価格、重量などが書かれた

   一覧表が出てくる。

   「表品番号リンク」、と読み上げるあたりから、

   下矢印に切り替えて進んでいくと、

   商品名や重量などを読み上げる。

   「なんとかの、文字入力」と読み上げる欄で、

   注文個数が書き入れられるようになっていた。(麻野井)

  b.発注までの手順

    商品一覧で申込み

    1.企画週選択欄で注文する企画週を選択。

    2.カタログ選択欄でカタログを選択。 カタログ選択 は次の五つです。

     ◆コープファミリー ◆特別企画 ◆その他(定期配達含む)

     ◆ふれあい専科 ◆「乳・卵・小麦」をできるだけ使わない食品特集

    3.カテゴリ選択欄でカテゴリを選択。

      カテゴリは以下の14ですが、酒は現在取り扱いされていません。

      ◆農産 ◆水産 ◆畜産 ◆牛乳 ◆たまご ◆日配 ◆冷凍食品

       ◆米 ◆食品 ◆飲料 ◆菓子 ◆食品(特別企画) ◆酒 ◆日用雑貨

    4.数量を入力して『買物かごに入れる』ボタンをクリック。

    5.買物かごを確認し『注文する』ボタンをクリック。

    ※注意

    オルト+左←キーやバックスペースキーで前の画面の戻ろうとすると、

    認証されている サイトから強制的にログアウトされ、

    「Web ページの有効期限が切れています」の画面になってしまう。

    ※補足

    購入したいものの数を入力したあと、買い物かごに入れる操作、その後、

    注文を確定する操作をしないと、他の品目のページには移動できないと

    思っていたのですが、あとで確認してみると、注文数が入力されていると

    ページを移動する前に 買い物かごに入れていいですかの

    ポップアップメニューが表示された。

    これをPCトーカーで読み上げるのか・・・?

    とりあえずOKすると、買い物かごの中身はそのままで、

    次のページだけでなく、ほかのカテゴリにも移動できた。

    買い物かごに入れたままにしないで下さいというメッセージを

    見た覚えがあるので、入れっぱなしは良くないはずだが、

    これについては、後日報告。

    一通り見終わった?時点でまとめて注文をすれば、

    今回の買い物のすべてが、買い物かごの中にあって、

    購入品や注文総額も確認した上で注文ができるようになるはずです。

    (紺井)

  c.感想

   注文画面の内容が少し把握ができたように思います。

   注文方法も何となく理解ができたのですが、

   市の生協のサイトはどのようなものかさっぱり分からないので、

   機会があれば、市生協へパスワードの請求などしてみて、

   実際に操作をしてみてもいいかな?の感触を持ちました。

   実際に自分でネット注文ができればヘルパーの手を煩わせずに

   一人で直接注文ができれば良いなとは思いますが、

   それまでにはかなりのバリヤがあるように思います。(川口)

以上です。

定例勉強会では、スタッフは、6時半集合、

一般は7時集合でお願いします。


平成20年度定例勉強会へ福祉・愛EYEプロジェクト トップページへ