(福祉)愛EYEプロジェクト


富山大学への出前講座


日時:2007年10月29日(土)16:30~18:00  11月5日(日)16:30~18:00

場所:富山大学高岡キャンパス 131号室

対象:富山大学芸術文化学部1年生「ボランティアの世界」履修者

目的:「ボランティアの世界」授業の中で、愛EYEPJの活動内容の紹介




10月29日(月)16:30~18:00 

受講者 33名 スタッフ 4名(川口・酒井・廣田・池田)

使用教材:テキスト(視覚障害者ITサポーター養成講座用テキストの抜粋)
       NATのパンフレット、愛EYEPJ手作りの「弱視メガネ」、
       「視野狭窄メガネ」。

内容:愛EYEPJの活動紹介(NATパンフレット&パワーポイントで・池田)
    視覚障害者の体験談発表(川口・途中失明)
    受講者全員がペアを組んで、アイマスク着用者を校内のA階段から
    2階へ、B階段から1階へと一周する歩行誘導を実践
    (スタッフ全員担当)


学生たちがこれからアイマスクをして体験しようとしている写真二人ペアで階段を上ろうとしている写真視覚障害者Kさんの体験談発表の写真



11月5日(月)16:30~18:00

受講者 36名 スタッフ 5名(田口・伊藤・奥田・廣田・池田)

使用教材:音声パソコン4台、点字板8台、点字説明書、
       11月11日のITフェスタちらし。

内容:音声パソコン操作のデモ(伊藤)
     視覚障害者の音声パソコンの実演(田口・先天盲)
    視覚障害者の体験談発表(田口)
    受講者全員が「音声パソコン」の体験(伊藤・廣田)
    受講者全員が「点字名刺作り」の体験(田口・奥田・池田)

実際に体を使って体験してもらったので、愛EYEPJの活動を少しは理解
されたと思います。
視覚障害者の体験談には非常に興味を持たれ、自分で作った点字名刺を
田口さんに手渡して読んでもらったのは貴重な体験になったことでしょう。

※ ITフェスタのPRをさせてもらいました。





過去の活動ページへ福祉・愛EYEプロジェクト トップページへ