(福祉)愛EYEプロジェクト


視覚障害者IT支援方法について 
(視覚障害者編-2)

視覚障害者への説明の仕方

視覚障害者へサポートをする際は、「こそあど言葉」を使わないでください。
画面を指差して「ここを」「そこを」と言っても視覚障害者には、見えないのでわかりません。

視覚障害者への接し方が慣れない間は、手が出ると、どうしても「こそあど言葉」を使ってしまうことでしょう。手を出さないように座った際は、太ももの下に引き込んでおいたり、立っている場合は腕組みをしていると良いかもしれません。

キーの位置を説明する時は、下から何列目とか、右から(左から)何番目といったように、詳しい場所を教えてあげましょう。
よく「ここです」と手を持って行ってピンポイントで教えてしまいがちですが、その時は、わかっても次回もう1回という時には、もうわからなくなってしまいます。

次へ

音声プログラムの仕様にあわせて記号の名称を覚える

サポータは、記号を独自の名称で覚えている場合があります。視覚障害者が使っている名称と違うと混乱します。記号の名称は、統一するようにしてください。
下記によく使う記号の名称記載します。一度確認してください。

記号 名称

アスタリスク

コロン
セミコロン
_ アンダーライン
マイナス
タテモウ
コウテイション
' シングル
コンマ
ピリオド
オーバーライン
ショウナリ
ダイナリ

なお、視覚障害者の使っている音声ソフトによっては、上記と読み方が違う場合がありますので、ご注意ください。

次へ


このページのトップヘ戻る福祉のトップへ

 


NATロゴ クリックするとデザイン意図へ飛びます

HOME


プロジェクト


教育


福祉


技術


地域


事務局


戻る

このページのトップヘ戻る